消費者金融を利用できる条件は、「20歳以上で一定の収入を持つ人」という最低限の条件があります。収入源に関しては問いません。アルバイトでも収入があれば申し込み自体は可能です。では、この定義でいくと未成年は借入契約をすることができないとなります。実際、法的には未成年への融資は原則として禁止されています。
というのも、20歳以下であると法的に様々な問題が生じてしまうためです。まず、法定代理人(保護者)の同意が必要です。もしも同意なく、借入契約してしまった場合は、その借金を取り消しできるのです。なかったことにできるのは債務者にとってはラッキーな話ですが、消費者金融に取ったらたまったものではありませんよね。
しかし、20歳以下が絶対に借入契約できないというわけではありません。それは先述したように法定代理人の同意があれば可能なのです。言い換えれば、親の同意なしに契約することができないということでもあります。ただし未成年とはいえ、18歳以上(高校生は不可)に限られます。また、18歳以上の融資を可能としている消費者金融しか融資しません。
これを満たせば18歳からの融資も可能です。ちなみに、10代で結婚している人はいますが、そういった人は大人と同様の扱いを受けることになるので、このケースにおいては保護者の同意なしに契約することができます。しかし、20歳以下ということを理由に借金の取消し等はできないので、慎重に利用していくことが必要でしょう。

Read more